叢生(そうせい)の治療例

  • 叢生とは、顎が小さくて歯がきれいに収まりきらず歯並びがでこぼこになってしまったり(乱ぐい歯)、犬歯が歯列外に突出してしまう(八重歯)など、歯と顎の大きさのバランスの悪さによって起こる不正咬合です。
  • 成長期のお子さんで骨格に問題がある場合は、たとえば顎を広げるなど、顎の成長をコントロールしてバランスの悪さを改善します。
  • 歯だけが問題の場合は、永久歯が生え揃うまで観察を続けた後、矯正器具を装着します。ただし、上下の歯が上手く咬み合わない場合は、部分的な早期治療を行うこともあります。

初診時:女性(13歳5ヶ月)

初診時:顔正面 初診時:笑顔 初診時:横顔
  初診時:上顎  
初診時:右側面 初診時:正面 初診時:左側面
  初診時:下顎  

動的治療終了時:4年2ヶ月経過(17歳6ヶ月)

動的治療終了時:顔正面 動的治療終了時:笑顔 動的治療終了時:横顔
  動的治療終了時:上顎  
動的治療終了時:右側面 動的治療終了時:正面 動的治療終了時:左側面
  動的治療終了時:下顎  

休診日

=休診日

診療時間

平日・土曜日
10:00~12:30
14:00~18:30
日曜日
10:00~12:30
14:00~17:00


最終予約時間は
診療時間終了45分前

初診相談お申込みフォームへ

お問い合わせフォームへ

求人案内。スタッフ募集

写真解説で見る 幼児の歯みがき教室

診療実績

リンク集
サイト利用について
個人情報の取り扱い