下顎前突(かがくぜんとつ)の治療例

  • 下の歯が上の歯よりも前に出ている咬み合わせの下顎前突(受け口、反対咬合)には、2つのケースがあります。1つは、歯の生える位置や角度にのみ問題があるケース。もう1つは、上顎と下顎の発育のバランスの悪さに起因するケースです。
  • 成長の早い時期(6~8才)に開始して、顎の成長が止まり咬み合わせが安定するまで、長期的に治療・管理するのが理想です。
  • 一般的な流れとしては、最初に前歯の噛み合わせを治します。上下の顎の発育に問題があるお子さんは下顎骨の過剰発育を抑えたり、上顎骨の成長を促進します。そして、永久歯が生え揃い顎の成長が止まった後、すべての永久歯に器具をつけて全体の咬み合わせを調整します。歯が動いていく隙間を作るために、抜歯をすることもあります。
  • 顎の骨格に問題がある成長期を過ぎた方は、口腔外科医の協力で骨の手術を併用することもあります。顎の外科手術を伴う矯正歯科治療は「顎口腔機能診断施設」以外では受けられません。当院はその資格を有する矯正専門歯科医院です。安心してご相談ください。
    外科手術と矯正歯科治療を併用する顎変形症についてはこちらをご覧ください。

初診時:女性(8歳3ヶ月)

初診時:顔正面 初診時:笑顔 初診時:横顔
  初診時:上顎  
初診時:右側面 初診時:正面 初診時:左側面
  初診時:下顎  

動的治療終了時:9年7ヶ月経過(17歳9ヶ月)

動的治療終了時:顔正面 動的治療終了時:笑顔 動的治療終了時:横顔
  動的治療終了時:上顎  
動的治療終了時:右側面 動的治療終了時:正面 動的治療終了時:左側面
  動的治療終了時:下顎  

休診日

=休診日

診療時間

平日・土曜日
10:00~12:30
14:00~18:30
日曜日
10:00~12:30
14:00~17:00


最終予約時間は
診療時間終了45分前

初診相談お申込みフォームへ

お問い合わせフォームへ

求人案内。スタッフ募集

写真解説で見る 幼児の歯みがき教室

診療実績

リンク集
サイト利用について
個人情報の取り扱い