過蓋咬合(かがいこうごう)の治療例

  • 上の前歯が下の前歯にかぶさる深い咬み合わせを過蓋咬合といいます。中には下の前歯がすっかり隠れてしまう状態の方もいます。上の前歯が5mm以上かぶさるかどうかが目安です。
  • 成長期のお子さんで骨格に問題がある場合は、上下の顎の成長の管理をします。成長の早い時期(8才~10才)に始めるのが望ましいです。
  • 一般的な流れとしては、最初に引っ込み過ぎた上の前歯を治します。永久歯が生え揃った後、矯正器具をつけて最終的な咬み合わせを獲得します。歯が動いていく隙間をつくるため、抜歯をすることもあります。
  • 顎の骨格に問題がある成長期を過ぎた方は、口腔外科医の協力で骨の手術を併用することもあります。顎の外科手術を伴う矯正歯科治療は「顎口腔機能診断施設」以外では受けられません。当院はその資格を有する矯正専門歯科医院です。安心してご相談ください。
    外科手術と矯正歯科治療を併用する顎変形症についてはこちらをご覧ください。

初診時:女性(12歳4ヶ月)

初診時:顔正面 初診時:笑顔 初診時:横顔
  初診時:上顎  
初診時:右側面 初診時:正面 初診時:左側面
  初診時:下顎  

動的治療終了時:5年9ヶ月経過(18歳1ヶ月)

動的治療終了時:顔正面 動的治療終了時:笑顔 動的治療終了時:横顔
  動的治療終了時:上顎  
動的治療終了時:右側面 動的治療終了時:正面 動的治療終了時:左側面
  動的治療終了時:下顎  

休診日

=休診日

診療時間

平日・土曜日
10:00~12:30
14:00~18:30
日曜日
10:00~12:30
14:00~17:00


最終予約時間は
診療時間終了45分前

初診相談お申込みフォームへ

お問い合わせフォームへ

求人案内。スタッフ募集

写真解説で見る 幼児の歯みがき教室

診療実績

リンク集
サイト利用について
個人情報の取り扱い