スタッフ紹介

常勤歯科医師 2名
院長  稲毛滋自
副院長 土井英理子
非常勤歯科医師 5名
常勤歯科衛生士 3名
非常勤歯科助手 4名
受付 2名

院長 稲毛 滋自 (Dr.Shigeyori INAGE)

略歴

1981年 3月 東京医科歯科大学歯学部卒業(D.D.S.)
4月 同大学大学院(歯科矯正学第1講座)入学
同大学歯学部附属病院第1矯正科入局
1985年 3月 同大学大学院修了
歯学博士の学位取得(Ph.D.)
4月 同大学歯学部附属病院第1矯正科に奉職
1988年 4月 同大学歯学部附属病院第1矯正科新入医局員の臨床指導を2年間担当
1990年 4月 同大学歯学部附属病院第1矯正科を退職
5月 横浜市青葉区青葉台にて"いなげ矯正歯科医院"を開設
8月 日本矯正歯科学会認定 認定医を取得
1992年 3月 Charles H. Tweed International Foundation for Orthodontic Research and Education Advanced Course受講
1996年10月 Charles H. Tweed International Foundation for Orthodontic Research and Education Membership取得
1998年 3月 Charles H. Tweed International Foundation for Orthodontic Research and Education Advanced Course Instructor 就任、現在に至る
10月 Charles H. Tweed International Foundation for Orthodontic Research and Education Membership Examiner 就任、現在に至る
1999年11月 World Federation of Orthodontists の Fellow 取得
2001年1月 日本矯正歯科学会 専門医制度検討委員会委員に就任
2002年1月 日本矯正歯科学会 専門医制度準備委員会委員に就任
2006年11月 日本矯正歯科学会認定 専門医を取得
2008年4月 日本矯正歯科学会 認定医制度・専門医制度改革検討委員会委員に就任
2010年10月 Charles H. Tweed International Foundation for Orthodontic Research and EducationのBoard of Directors(理事)に就任
2017年6月 公益社団法人日本臨床矯正歯科医会 会長に就任
2019年11月 日本矯正歯科学会の専門医の名称変更に伴い臨床指導医となる

業績

主な講演

  • 動的治療中の予期せぬ歯根吸収に対していかに対応すべきか
    (第31回日本臨床矯正歯科医会名古屋大会 2003)
  • 患者とのコミュニケーションを重視した前歯部開咬を伴う成人II級 high angle症例への対応
    (第35回日本臨床矯正歯科医会宇都宮大会 2007)
  • 会員アンケートに基づく抜歯非抜歯のコンセンサス
    (第40回日本臨床矯正歯科医会記念大会 2013)
  • 顔貌の改善と長期安定を目指す治療戦略
    (第73回日本矯正歯科学会学術大会 2014)
  • 過蓋咬合を伴うAngle Class II の治癒転帰に関する臨床的考察
    (第10回九州矯正歯科学会大会 2015)
  • 術後10年以上経過した症例の臨床データを読み解く
    - 骨格性I級不正咬合について -
    (第43回日本臨床矯正歯科医会長野大会 2016)
  • 上顎犬歯萌出障害に起因する切歯歯根吸収の早期診断法とその臨床応用について
    (第76回日本矯正歯科学会学術大会 2017)
  • しっかりわかる矯正歯科治療
    - 「矯正歯科何でも相談」の相談内容をふまえて -
    (第15回九州矯正歯科学会大会市民公開講座 2020)

プレスセミナー

  • 症例をもとに咬み合わせから食育や健康を考える
    - 矯正歯科治療が果たす役割について -
    (2018年3月29日開催)
  • カスタムメイドのアライナー型矯正装置を用いた不適切な矯正歯科治療について
    (2018年9月27日開催)
  • 矯正歯科治療における抜歯非抜歯に関するコンセンサス
    - 患者の視点に立って実施した会員アンケート結果を基に -
    (2019年3月28日開催)
  • 咬み合わせから考える人生100年時代、咬み合わせから人生100年時代を考える
    - 「中高年期の矯正歯科治療」の今をひもとく -
    (2019年10月3日開催)
  • 後悔しない矯正歯科へのかかり方 - 矯正歯科治療を受ける前に知っておきたい! -
    (2020年11月12日開催)

著書

  • 専門医が語るQ&A 矯正歯科・歯並びと咬み合わせの最新治療 (共著)
    (2002年 保健同人社)

研究テーマ

  • 組織学的並びに生化学的手法を用いた歯の移動のメカニズムの解析

主著論文並びに共著論文

  1. 組織培養下の頭頂骨間縫合部の牽引に対する応答
    - 光顕並びに電顕的観察 -
    (口病誌、52/143-161、1985)
  2. Possible Mechanism for Stimulation of Bone Remodeling by Mechanical Stress
    (In Mechanobiological Research on the Masticatory Research p. 200-205 , 1989.)
  3. Transmission Electron Microscopic Observation on the Reaction of Microvascular System to Mechanical Stimulation
    (J. Dental Research 1992. Vol.71. No.6. 1304-1309)
  4. 膜性化骨部位にみられる基質小胞について
    (口病誌、57/335-352. 1990)
  5. スプリント療法が有効でなかった顎口腔機能異常に対する矯正学的対応
    (日本臨床矯正歯科医会雑誌、第11巻 1999)
  6. Case Report Adult Maxillary Protrusion and Deep Bite Without Mandibular Response
    (Le Journal de l'Edgewise 2001, Vol.44 107-118)
  7. 上顎前突に伴う審美障害
    - 成人の症例を通して -
    (臨床科のための矯正イヤーブック ‘02 2002. クインテッセンス出版)
  8. Class Ⅲ 顎変形症における顔貌不調和の戦略的改善
    (臨床科のための矯正イヤーブック ‘11 2011. クインテッセンス出版)
  9. Furlow変法による口蓋形成術を施された右側唇顎口蓋裂を伴う長期安定症例
    (日本臨床矯正歯科医会雑誌 第27巻 第2号 2016)
  10. 今見直す歯科医療倫理 - Evidenceに基づく社会的責任の発露 -
    矯正歯科はリスクが高い診療科目
    (神歯会報 Vol.10 2017)

学会発表

  1. 機械的刺激に対する組織培養下の頭頂骨間縫合部の電子顕微鏡的観察
    (第49回口腔病学会 1984)
  2. 機械的刺激によって生ずる血管透過性亢進反応
    (第7回日本炎症学会 1986)
  3. 巨細胞肉芽腫と診断された組織の電子顕微鏡による観察
    (第4回日本骨代謝学会 1986)
  4. 巨細胞肉芽腫と診断された組織より得られた巨細胞の動態
    - 16㎜顕微鏡映画による観察 -
    (第28回歯科基礎医学会 1986)
  5. A Study of Vascular Permeability Increased by Mechanical Stimulation
    (65th. International Association for Dental Research 1987)
  6. 膜性化骨部位にみられる基質小胞について
    (日本電子顕微鏡学会第43回学術講演会 1987)
  7. 機械的圧刺激に応答してみられる骨芽細胞様細胞のPGE量の変化
    (第5回日本骨代謝学会 1987)
  8. 機械的圧刺激によって生じる微小血管周囲の組織変化
    - 光顕的ならびに電顕的観察 -
    (第8回日本炎症学会 1987)
  9. 骨芽細胞様細胞の機械的圧刺激によるPGE量の変化
    (第46回日本矯正歯科学会 1987)
  10. 機械的圧刺激下における微小血管系の透過電子顕微鏡的観察
    (35th.Japan Association for Dental Research 1987)
  11. A Study for PGE Increased by Osteoblast-like Cells Respond to Mechanical Pressure
    (66th. International Association for Dental Research 1988)
  12. 機械的圧刺激による骨芽細胞のPGE 生産機構について
    (第31回歯科基礎医学会大会 1989)
  13. 顎口腔機能に問題を有する成人不正咬合への矯正臨床における試み
    - 広義のバイオ・フィードバック的手法を用いた2治験例 -
    (第56回東京矯正歯科学会大会 1997)
  14. スプリント療法が有効でなかった顎口腔機能異常患者の1治験例
    (第57回東京矯正歯科学会大会 1998)
  15. 精神障害を持った矯正治療患者への対応
    (第27回日本臨床矯正歯科医会九州大会 1999)
  16. A Case Report: Maxillary Protrusion and Deep Bite Without Mondibular Response 23rd Biennial Meeting of the Charles H. Tweed International Foundation for Orthodontic Research and Education
    (2000)
  17. 成人の矯正治療について Tweed-Merrifield Philosophyに準拠した診断と治療法
    (第29回日本臨床矯正歯科医会東北大会2001)
  18. 矯正歯科専門医制度に関するアンケート調査 その1
    患者および保護者に対するアンケート結果
    (第61回日本矯正歯科学会学術大会 2002)
  19. 矯正歯科専門医制度に関するアンケート調査 その2
    医療ジャーナリストに対するアンケート結果
    (第61回日本矯正歯科学会学術大会 2002)
  20. Cranial Facial Analysis for Mongoloid Based on the Facial Aesthetics 24th Biennial Meeting of the Charles H. Tweed International Foundation for Orthodontic Research and Education
    (2002)
  21. Orthodontic treatment of an excessive skeletal Class II deep overbite adult case
    (6th Asian Pacific Orthodontic Congress 2008)
  22. Report of Aozora Seminar for Graduate Orthodontic Residents
    (7th International Orthodontic Congress 2010)
  23. Statistical guidelines for Class III patients based on a good profile after treatment
    (23rd Annual Conference of Taiwan Association of Orthodontists 2011)
  24. 犬歯の萌出・誘導期における顎裂部への骨移植によって良好な永久歯咬合を獲得した右側唇顎口蓋裂
    (第35回日本口蓋裂学会学術総会 2011)
  25. 重篤な骨格性下顎前突に対しorthopedic forceが有効に作用した症例
    (第72回東京矯正歯科学会大会 2013)
  26. 日本臨床矯正歯科医会会員による長期安定症例から第一報
    - ANB7.5°以上の骨格性上顎前突5症例 -
    (第73回日本矯正歯科学会学術大会 2014)
  27. Clinical application of early diagnosis of maxillary incisor root resorption due to eruption disturbances of canines
    (30th Annual Conference of Taiwan Association of Orthodontists 2017)

所属学会・研究会・著書

いなげ矯正歯科医院 院長 稲毛滋自
著書 専門医が語るQ&A

  • 日本矯正歯科学会
  • 東京矯正歯科学会
  • 日本臨床矯正歯科医会
  • 日本口蓋裂学会
  • 日本顎関節学会
  • 口腔病学会
  • 神奈川頭蓋顎顔面症例研究会
  • 日本Tweed研究会
  • Charles H. Tweed International Foundation for Orthodontic Research and Education(*)
  • American Association of Orthodontists
  • World Federation of Orthodontists
  • The Edward H. Angle Society of Orthodontists

* Charles H. Tweed Foundation for Orthodontic Research and Education とは、アメリカのアリゾナ州ツーソンに本部を置く、大学を卒業したドクターを対象とした研究・教育機関。50年以上の歴史を持っています。

  • 矯正歯科~歯並びと咬み合わせの最新治療~
    (共著)[保健同人社 刊]

抄録

休診日

=休診日

診療時間

平日・土曜日
10:00~12:30
14:00~18:30
日曜日
10:00~12:30
14:00~17:00


最終予約時間は
診療時間終了45分前

医療法第14条の2に規定された掲示事項

  1. 管理者の氏名
     稲毛滋自
  2. 診療に従事する歯科医師の氏名
     院長  稲毛滋自
     副院長 土井英理子
  3. 歯科医師の診療日及び診療時間
     上記に記載

初診相談お申込みフォームへ

「歯並び」と「かみ合わせ」のセルフチェックシートへ

お問い合わせフォームへ

求人案内。スタッフ募集

写真解説で見る 幼児の歯みがき教室

診療実績

リンク集
サイト利用について
個人情報の取り扱い